美意識が高い人が急増中!

自分の美を追求する人が急増しており、美容整形に踏み切る人も増えています。けれど、エステで自分磨きするだけで十分に輝けます。

エステとセルフケアの違い

すべて自己流がセルフケア

セルフケアの場合、すべて聞きかじりの内容を自己流にアレンジしたスキンケアやボディケアをすることがほとんどです。そのため、すべてが正しい方法とは限りません。

プロの知識を駆使するエステ

エステは、プロの知識を駆使して美を導きます。また、最新の知識や理論をエステ商品へ投影し、さらに美しさに磨きをかける仕事を行います。

効率よく綺麗になりたいならエステへ行こう!

最新の化粧品でも結果が出ない、とにかく痩せたいなどという場合は、エステサロンでプロの施術を受けることが一番です。効率よく体に働きかける施術を行うので、一回の施術でもしっかりとした効果が期待できるのです。

エステでケアしてもらいたい部位ランキング

施術を受ける女性
no.1

とにかく表情第一の「顔」

エステサロンのレギュラーメニューといっても過言ではない「フェイシャルエステ」では、顔のクレンジングをはじめ表情筋をほぐすマッサージなどを施してくれます。施術後には肌が明るくなります。

no.2

体全体に生える煩わしい「ムダ毛」

脱毛サロンでできる「ムダ毛脱毛」。自己処理のわずらわしさから解放されたい場合や、清潔さを手に入れたい場合などに利用されています。毛量調節もできるので、身だしなみが気になる人に支持されています。

no.3

振袖とは言われたくない「腕」

ノースリーブが似合う腕になりたいという場合に気になるのが二の腕のたるみです。そんなときにエステで腕痩せの施術を受けることで、わき周りの脂肪がすっきりし、大好きな服が着こなせるようになります。

no.4

シシャモ脚が嫌な人急増の「脚」

パンプスを履くと目立つシシャモふくらはぎが嫌い、股に隙間が欲しいなど女性にとって「細い脚」はとても憧れの存在です。エステで脚痩せを目指して、ほっそり脚を手に入れたという人が増えています。

no.5

脂肪よさらば!の「おなか周り」

洋服を着ると目立たないけれど、おなか周りの脂肪やたるみが気になるという人も増えています。季節が変わる前、薄着の季節入る前に何とかしたい!という人が駆け込みでエステを受けるということも。

フェイシャルエステに通うなら【サロン選びは慎重に】

施術を受ける女性

フェイシャルエステの特徴

フェイシャルエステでは、顔から肩〜デコルテ(鎖骨回り)までの洗浄とマッサージ、肌のトリートメントを行います。状況に応じてヘッドスパなども取り入れトータルエステを行うこともあるようです。フェイシャルエステを行うことで、肌の明るさはもちろんのこと、滞りやすいリンパの流れを促し、くすみを根本から解決してくれます。また、筋肉の流れに沿ってマッサージを施すことで、小顔効果が表れたり笑顔が自然にぼれたりするようになるといったメリットもあります。

施術を受ける女性

エステサロンを選ぶ時のポイント

エステサロンを選ぶときは、どうしても知名度の高さや口コミの多さで選んでしまいがちです。けれども、利用者を増やしていくために広告費を費やし、経営状況を表に出さないようにしているサロンもないとはいえません。また、口コミも情報操作されたものもみられるため、取捨選択に困ることだってあるでしょう。そのため、最終的には自分の足でトライアルを受けて自分の目で確かめてみることが大切です。